田舎の小さな予備校に言って医学部合格

トップクラスには優秀な人達が集まっており

現役で医学部受験しました : 特に英語を苦手にしていたので : トップクラスには優秀な人達が集まっており

数学や理科の点数も上がってきました。
田舎の予備校なのですが、トップクラスには優秀な人達が集まっており、刺激を受けました。
東大の理系を受ける人が私のライバルでした。
私よりはるかに成績が良いのですが、付き合いやすい人だったので、友達になりました。
友人ができたことも良かったと思います。
人数の少ないクラスだったので、みんなと仲良くなりました。
みんなお互いをライバル視していましたが、不安な時は励まし合うこともありました。
浪人生の場合は後がないので、気持ちが不安的になることもあります。
そんな時は友達が支えになりました。
先生方とも仲良くなりました。
熱心の人が多くて、授業が終わった後も質問すれば、丁寧に教えてくれました。
分からない時は何度も教えてもらいました。
最初は繰り返し教えてもらうのは恥ずかしかったのですが、次第に気にならなくなりました。
私の英語の成績が上がったのは、授業が終わった後もじっくり教えてもらったからだと思います。
小さな学校だったら、それが可能になったのでしょう。